ウォーキング

2023年6月23日 (金)

恐竜のあしあと

Img_2032

2023年4月 4日 (火)

取り戻す

9fa55fe003744fbc9402fe8d9d5343b5
冬の間、あまり歩けなかったのを取り戻すために、せっせとウォークに出かける。
たんぽぽ満開。
桜は花吹雪。

2023年1月15日 (日)

転ばないおばあちゃんになりたいの

よっちゃんの名言。
ことあるごとに思い出して自分に言い聞かせる。
だから、ウォークするし太極拳にも行く。
でも時々暑さ寒さや天候に負ける。
そういう日は、猫になることにしている。
転ばないおばあちゃんへの道のりは平坦じゃないみたい。
あっ
だから転ばなくなるのか。
9a4c3919ca0a464da1c38f086089d0ab

2022年7月20日 (水)

朝からウォーク

ドラクエウォークのアプリを開くと、ずーーーーっと遠くにキラキラ光る石が見えてる。あれはきっとラーミアの杖の輝石だ。
今朝は少し涼しいから、がんばって歩いて拾いに行こう。
と、いう訳で、洗濯第2ラウンドの間に出かけた。
が、予想以上に遠かった。
今までに行ったことがないとこまで歩いたよ、この距離なら車で出かけるとこやん。ひと駅隣のまだ少し先、小さい山の麓まで行ったんだってばよ。
家に戻ったら、もちろん、洗濯は終わってました。

午後はあちこちに電話をかけて、復活の狼煙の準備。
やりたいと思った時にやらないと、できる場が少なくなるし、自分の体が思うようにならなくなるもんね。

2022年4月10日 (日)

ちょっとハイキング

朝からぴっかぴかのお天気で、お散歩コースを少し延ばして、小山に登りました。
なだらかな方の道を選んだつもりが、結構な坂道。落ち葉が積もって滑りやすくなってます。
何より平地をウォークしてるだけなので、坂はきついす。
でも、
46b067ddd33f4dd6bd42065d8479cbfc
いつもはウォークしながら下から見ていた見晴らし台では、こんな絶景。

496642be80bb435c9384e9d14090fbc3
ふもとの神社の入り口
小野道風の筆跡だそうな。

2022年3月24日 (木)

風ふわり 土筆の道を われは行く

とても良いお天気になるという予報だったので、
まだウォークで行ったことがない町へ。
この間の駅からウォークで懲りたので、寄り道はせずにまっすぐ向かう。
石田三成とご縁がある神社とは存じ上げず失礼いたしました。

これで今日の予定はおしまいです。
モデルナアームにまたなってます。今回は痒みがひどい。

2022年3月 3日 (木)

てくてくてくてく

いつもは車で出かける髪カットに電車で出かけることにしたのは、春になったと感じたから。
最寄り駅まで徒歩15分、降りた先は3分。
イキハヨイヨイ、帰りはどっこいしょ
何と最寄駅に辿り着く電車が行ってしまった後だった。一つ手前駅までの電車しかない時間帯。
待てば40分+帰りの歩き15分
ナビアプリでは、一つ手前駅から自宅まで40分。
天気はまあまあ
と、いう訳で、てくてくてくてく歩きました。
いつも車で通る道は歩道がなくて危ないので、川沿いに反対岸の小道を歩く。
見たことのない景色と通ったことのない道。
自宅近くの甘味どころで鯛焼きを買って帰ってきた。
はー疲れたけど面白いウォークなのでありました。

2022年1月24日 (月)

冬眠から覚めるのは

やっと晴れの日がやってきて、実に久しぶりにウォークに出かけた。
風はまだ冷たくて、北向きに歩くときは押し戻されそうになった。
あとちょっとの我慢、と言い聞かせながら歩いたよ。

ちかつうみのくにでは、「まん防」は要請しないそうだ。
それに対して色々な意見はあるだろうが、
落ち着いて考えてみれば、予防のために私たちがやることは「まん防」だろうとなかろうと、変わらない。
「医療体制の逼迫度で判断する」という約束を知事は守っている。

冬眠から覚めるのは後少し。
雲の形が、そう言ってた。





2021年6月17日 (木)

風が涼しい

風が涼しい一日でした。
ちっちゃいゴジラの雲と寝てるふりのセサミさん。48c043e4608340c0ba0ad55b6259c539 0dff7e067a7a41719815970697ced657

2021年6月14日 (月)

ほたる

この間の夜 ほたるがうちの庭にいたので、
今日のウォークは夜に。
近くの川にたくさん飛んでました。
そして、涼しい風。
Ee817064db92431bb59578397f910cf5
これは夕方の大きな大きな雲。
ちょっと乾燥して、のど不調

より以前の記事一覧