ねこたち

2023年12月20日 (水)

お着替えしたシュガーさん

シュガーさんの夢を見た。
あったかいお水で満たされたシュガーさんが元気になったんだけど、
寒くないようにニットのお洋服と帽子を着せたら、白黒さんになったみたい。
「シュガーさん、違う子みたいよ」
と夢の中で、いつものように抱っこしながらわたしは笑って言った。
でも、暖かい水はたちまち冷えてきて、肩に乗せてる体はどんどん冷たくなっていった。
まだ、抱っこしてる感触が残ってる。
目が覚めたら、涙がボロボロこぼれた。
こういうときは、きっと誰かが戻って来ている。シュガーさんかもしれないし、セサミさんかもしれないし。
だって、昨日の夜、お布団に入ったら、いつも彼女たちが丸くなって占領していた辺りがほわっとあったかかったんだよ。

2023年12月 6日 (水)

寂しいなあ

家に帰って、お出迎えのセサミさんを探しているときが、一番寂しいなあ。
今日、動物病院からお花が届いたよ。Img_2324
2人がかじっちゃうからお花はいただいても飾れなかったんだが、
今は存分にかじってくださいな。

妹のところに砂やらシートやらごはんやら持っていってあげてきた。
ねねさぶちゃん、モンプチのスープものすごく喜んでくれた。もらってくれてありがとね。

2023年11月29日 (水)

セサミの旅立ち

9月にリンパ腫とわかってから、一時は好転したように見えたけれど、
再発してしまって、セサミは今日、旅立っていきました。

何よりも、わたしが焦りながら用事を済ませるまで待っててくれたセサミ。ありがとう。お注射ちっくん、いっぱいがんばりましたね。最期まで、自分でお水を飲んで、トイレに行って、ふらつきながら猫パトして。
覚悟してお別れする時間をくれた動物病院の先生にも感謝。


あふみ日記2006年9月9日の記事に、ちっちゃいセサミの写真がありました。
Img_0553
Img_2317 これが最後の写真。



2023年10月29日 (日)

病院通いのセサミさん

なんか様子が変だと思ってかかりつけのお医者さんに連れて行ったら、
セサミさん脾臓が腫れているということで精密検査をしてもらった。
結果、リンパ腫とのことで、抗癌剤とステロイドの飲み薬の治療を開始。
セサミさんが機嫌よく生活できるようにしてくださいとお願いしたので、
抗癌剤は一番副作用が少ないもの。薬も錠剤ではなくウェットのご飯に混ぜやすい粉にしてもらった。
今のところ、とてもよく効いて元気を取り戻したどころか、美味しいご飯を食べて体重が増えましたとさ。

それでも、先生の話では数ヶ月の単位で再発することが多いって。Img_2224

今日は久々に庭の手入れをした。
夏のお花をお片付け。電動芝刈りハンディタイプを買ってきてボサボサの芝を一気に刈った。クロッカスと水仙、紫陽花のおねえさまからいただいた勿忘草の植え付け。

Img_2241

2022年11月30日 (水)

天気予報あたり

寒くなる予報だったので、
思いがけず休日だった昨日のうちに、ストォブの準備。
そして、今日予報通りだったので、
469df525e9e4491395f9c83758a47102
こうですわ。

2022年2月10日 (木)

落ちてました

帰宅したら、ねこが落ちてました。
89e40214b27548f79216ee4597f5b34d
ころん ころん。
オバケの御手てになってるよ

F34e79dc7ea14067bfb0fc22f7944d3d
Bcc080dbc63541e0ba3c0f6417d818ec
長い長い長いーー

そして虚無・・・

26361f1637964489a1d8eaa30a43c614

2021年12月29日 (水)

猫には人の言葉がわかるらしい

ようやくJRが動き出して、次郎くんが帰宅。お店には物がなく、物流のありがたさに気付かされる。
トイレと洗面所をもってなんちゃって大掃除、終了します。

さて我が家の猫たちの様子を見ていると、年を経るごとに人の言葉を理解しているような気がする。
そして、こちらも、何か訴えたいことがあるときもわかるような。
「ご飯」「何食べてるん」「おいで」「抱っこ」「ストーブつけて」「おはよう」「誰か来た」「毛布広げて」「撫でて」「うるさいな」「もう寝よう」
みんな仕事に行く日はさっさと二階に上がって隠れてしまうのに、休日は一緒にゴロゴロ。
というわけで、お昼寝します。

2021年5月24日 (月)

うちの子自慢のその後

セサミさん、お医者に連れていくと、やっぱり膀胱炎の再発でした💦
自分からお薬を飲んだのは2回くらいで、砕いて飲ませるのは断固拒否。
ご飯をウェットに変えて混ぜ込んでみました。
すると、お薬ごと完食。
今までの苦労はなんだったんだ・・・
そんなわけで順調に回復しています。
ただし、ご飯の時間になると要求がすごい。


さて。
そんな5月の日曜日。
あふみヴォーカルアンサンブルは久しぶりの本番でした。
彦根市民春の音楽祭 昨年は緊急事態宣言の中で開催できませんでした。
自分の本番どうこうというよりも、
役員や降り番で運営スタッフとして動いてくださった皆さまにまず感謝いたします。

大ホール、鳴らせて良かったです。
本番直前まで整えてくださった矢守先生にも感謝です。
まだまだ課題はあるけど、また次に向かっていきます。

2021年5月 8日 (土)

うちの子自慢

セサミさん 16歳。
シュガーさんと同じように、だんだん人の言葉が理解できるようになってる気がする。
膀胱炎でもらった薬、昨日までは口を開けさせて飲ませてたけど、今朝は
「お薬、飲むよ。」
と声をかけたら自分からやってきて、自分で舐めてくれました。
ねーねー、賢くない❓😊
これを舐めると体が楽になるってのもわかったのかな❓

2021年4月22日 (木)

魂には重さがある

幸せな写真
1e330345407846dbb9351bdf8b00017f
今日はシュガーさんの命日。

魂には重さがあると思う。
だって、シュガーさんとお別れした次の夜
確かにわたしのお布団の上を踏んでいった彼女。
しばらく家の中を歩いていたと思う。
ドアにぶつかったりしてた。

体から抜け出した直後はこんなに重さがあったのに、
ある日セサミさんが急に台所のドアのところにとんで行って
じっと外を見てたとき、
ああ、シューちゃんはあちらへ旅立っていったんだなあって。

それからだんだんと気配が消えて、
透明になっていって、
今はきっと、どこも痛くなくてどこも苦しくないで素敵なところにいると思う。

今でも大好きだよ。
美人さん。

より以前の記事一覧