twetter

  • twitter
無料ブログはココログ

2012年10月14日 (日)

モモンガ?

ごぶさたしています。ゆうさんのコメントで再開できました~

 

「左右がアンバランス」という上着です。

 

兵児帯(へこおび)でできてます。右の袖は筒状、左の袖はひらひら。

 

軽いですよ。

Momonga


甥っ子が「モモンガみたい。」
と言いました。滑空できたらすごいな~っ

2012年3月29日 (木)

卒業式に

卒業式には黒、というのが不文律の職場です。でも、普通のスーツじゃおもしろくない!

そんなときには和ばぁちゃんの服を着ていきます。

形は和ばぁちゃんの好きな襟元が三角に折れたデザイン。

Leaf


落ち着いた色あいの刺繍が好きです。

子どもたちは「着物や」と言います。洋服だけど和服だってちゃんとわかってるんですね。

2012年3月10日 (土)

ピンクの羽織

同僚から頼まれていた羽織のリフォーム、第二弾です。

ピンクのきれいな羽織。

Pinkhaori


モデルは今回も依頼人

とても好きな色なんだそうです。胸元はゆったりめにして、ボタンを付けてあります。

Pinkhaorib_2

すてきな春になるといいですね。


2012年2月22日 (水)

羽織りコート



 この前、和ばあちゃんのところに行ったら、同僚から頼まれていた羽織りのリフォームができてました。

 今日は、早速袖を通してくれたところをパチリ。

Red


Red2_2

お寺の奥様です。お寺の行事の時に着る予定だそうです。

2012年2月19日 (日)

これは何でできているでしょう?

今日は次男を送った後、実家に寄ってきました。

 

和ばあちゃんの新しい服がまたまたできあがってきてます。今日はこれがツボにはまりました!

 

P1000736

 

上着なんですが、ちょっと私には小さい~

 

それでモデルなしで撮影です。P1000737

 

さて、この上着、何からつくられているでしょう?

 

 

P1000738

 

答えは、「ふろしき」だそうです。

「どこかのお寺で買ってきた。どこのお寺だったかな~????」

 

じいちゃんに助けを求めるけど二人とも「????」もちろん私にもわかりません…

2011年6月 7日 (火)

懐かしい絣模様のスモック

 ごぶさたしてました。いつの間にか梅雨に入りました。夏になる前に、長袖の服をもう一枚、紹介します。

 懐かしい絣模様のスモックです。

Kasuri_2

 袖のところの紐は、引っ張って袖をたくしあげることができます。

Kasirib

 軽くて、しかも袖がさばきやすいので、よく着ていました。







 さて、次回はそろそろ半袖シリーズになります(でしょう。)お楽しみに。

2011年3月22日 (火)

ロングジャケットその2

続けてその2を紹介します。

Coat

Coatb

モノトーンで着ています。明治の着物は妹が、こちらはわたくしがもらいました。

Coatm

模様は…扇子でしょうかね?


 三連休、関東の方に行ってきました。屋根瓦が落ちてブルーシートをかぶせている家がたくさんありました。駅も暗く、エレベータやエスカレータも止まっていました。

2011年3月20日 (日)

時を超えて

 お久しぶりです。仕事が忙しくて更新できていませんでしたが、今日から再開します。

 今日は、明治時代の着物で作ったロングジャケットを紹介します。

Meiji_3

このタイプのジャケットは、体型をサポートしてくれる上に、暖かいです。

歩くと裾がひらっとするのも颯爽とした感じが出ます。

Meijib  本日のモデル:妹です。

Meiji2   

模様は絣ふうと細かいラインのスクエアが組み合わされています。

古い古い着物なので生地はだいぶ弱っているらしく、

引っかけたりするとビリッといくので気をつけるように、と妹は和ばぁちゃんから言われていました。

このシリーズは、あと2着ありますので、近々のうちに紹介します。



毎日、大震災の映像を見ていると、あまりの悲惨さに、和ばぁちゃんは気持ちが重くなってつらいそうです。うまく言えませんが、この着物のように、時を超えていけると信じています。

2011年2月20日 (日)

ウエスタン?

洗濯物を干しに外に出たら、途端にくしゃみが…花粉症ではないのですが、鼻がむずむず。春は好きですが、空は冬よりも混沌として見えます。

さて、今日のベストは、和服地ではありません。

Stalb

ピラピラ~でウエスタン

軽くてほとんど着てるように感じません。

何でできているか、わかりますか?

Stol

答えは、ストールです。ウエスタンな部分はストールの端っこだったのです。

本物の西部劇には砂埃が似合いますが、もしその場にいたら、たちまちくしゃみ連発になりそうです。

2011年2月13日 (日)

真っ赤なジャケット!

普段は降らないようなところで雪が降ると、何かと大変ですね。以前、雪の降らない地域に住む義父が、板と棒で雪かき道具を作ったところ、近所の人から「貸して」「貸して」と大人気だったそうです。

 さて、今日は、真っ赤なスカーフ(知っているのはヤマト世代だけか)ならぬ、真っ赤なジャケットです。相当派手です。

Red

コートだったそうです。だから生地の表面はつやつやしてます。黒ボタンが4つ、上の方に付いているのも気に入ってます。

Redb

模様は、染めではなく、織りでできています。すけるとんです。気合いを入れて目立ちたい気分のとき、着ていきます。

Redc 襟もとです。和ばぁちゃんの服にはこんな遊び心がいっぱいです。

より以前の記事一覧