twetter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 慌てた気分では | トップページ | 一日練習でした »

2017年4月29日 (土)

こうしてヘイトはつくられる

 職場の管理メールで、北朝鮮のミサイル発射時の対応についての情報が流された。

 翌日の教室で、1年生の子どもたちが、無邪気な顔で口々に言った。
「せんせい、きたちょうせんがばくだんはっしゃするんやろ?」
「きたちょうせんって、わるいくになんやな」

「こっちもばくだんで、ばーんって、やっつけてまえ!」
「○○ちゃん、きたちょうせん!」
 それから、「きたちょうせん、きたちょうせん!」の大合唱になってしまった。厳しく制止し、子どもたちは黙った。
 とても悲しかった。
 図書室で、「世界の国旗」を借りてきた子が、真っ先に探したのは、北朝鮮の旗。これが、かの国に興味を持ち、相手を知ろうとする行動ならよいのだが。
 こうして、ヘイトはつくられるんやな。

 報道ですら真実ではないかもしれないのに、(松本サリン事件のときの教訓をわたしは忘れない。)信じこんで、何も知らない子どもたちが「あの国は悪い国」とすり込まれていくんや。

 あふみ日記には、政治的なメッセージは書かないことにしていたけれども、あまりにも悲しかったので。

 
 

« 慌てた気分では | トップページ | 一日練習でした »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/565481/65211591

この記事へのトラックバック一覧です: こうしてヘイトはつくられる:

« 慌てた気分では | トップページ | 一日練習でした »