twetter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月26日 (日)

元気出せばやし

差し込んでくる日差しが、明るくなりました。
まだちょっと寒いけど、春だなぁ。

昨日、和太鼓の演奏終わりました。子どもたちは、「楽しかった。けど、疲れた。」
太鼓を思い切り叩いて、踊って、叫んで、元気出すのはタイヘンだ。たくさんのお客さんの前で演奏するって、気持ちもがんばるから、疲れるね。
でも、たぶん、気持ちいい疲れだと思う。

「元気出せばやし」は、音楽の学習と子どもたちのかけ声とアイデアから生まれた。子どもたちは飽きずに何度も何度も練習した。「もういっぺん!」って子どもたちから出たら、させられている練習じゃなかったってことかなhappy01

2017年2月23日 (木)

複合機

職場の複合機、プリントをたくさん刷ったら、
♪ズンターッツタ、ズンタ♪
って歌ってました。

2017年2月19日 (日)

何かちがうんでは?

 選挙の個人演説会に行ってきた。あまり深く考えてなかったけれど、話を聞いて、ナルホド!ということがたくさんあった。

 わたしの住む市でも、地方のご多分に漏れず人口減少に歯止めがかかっていないらしい。それで、若者に将来納税者になってもらうために無償の奨学金を出すそうだ。人を使い捨てにしているという話を、登壇した二人の国会議員はちゃんと聞いていたのかな?人を大事にしない国や企業が、納税者を育てていないのだという意識はあるのかしら。

 それから、「子育てしやすいまちづくり」のために、保育時間の延長や病児保育を充実させる、というのは、何かちがうんでは?と思った。それは、現時点の働き方で仕方がない付け焼き刃の施策だということを、わかってるんかなあ。
 一番いいのは、例えば子どもが急に熱を出してお迎えを、というときに気兼ねなく帰れる、という職場の仕組みができていることだよ。

 アメリカ大統領の選挙で、いろんなところで集会が開かれていてたくさん市民が参加しているのが、ちょっとふしぎだったけれど、やっぱ行かないとわからんな~。ちゃんと考えて投票しようという気持ちになった。

 そんなわけで、ワタクシちゃんと投票に行ってきました。

2017年2月18日 (土)

心のスキップ

 金曜日の六校時、依頼されて五年生の合奏指導に行った。
 曲は、いきものかがりの「Yell」。

 担任の話から、どうやらテンポが遅いのでは、と見当を付けていたので、行ってすぐにテンポアップを指示し、重要部分を通す。子どもたちは、「こんなにはやいん!?」と驚いていたが、運動感覚抜群な学年なのですぐについてきた。(運動感覚、だよ。)
 もう一人、今年度の音楽担当のセンセもやってきて、パーカッションを指導してくれた。メロディラインを整え、その後再び通す。

 あれ~すごいやん、君たち!
 音楽が動き始めた!
褒めまくる。子どもたちも、「あれ?」って顔をしている。
 チャイムが鳴ったけれど、子どもたちから
「もう一回、最初から通したい。」
って。
「でももう時間が来てるから、次の音楽のときにまた来る。そのとき通そう。さ、今日は帰ろう。」
 子どもたちは、彼らのいつもの様子と違って、大急ぎで教室へ帰っていった。
 心が、スキップしてたみたいだった。
 そう言うわたしも、ちょっとスキップしてたよ。

2017年2月12日 (日)

アボカド

アボカドを初めて食したは、スーパーで買ったのをナマで。青臭くて、長いこと食卓に上がることはなかった。
六角館近くのお店で、タコ、マグロとマヨネーズで和えてあって、こんな美味しいものなのか!とビックリ。そこからたまに使うように。
けれども、ぐしぐしになってたり、硬かったりして、なかなかいい具合のアボカドに出会わなかった。
ところが!
まだ硬いアボカドは、火を入れて使うと知ってから、アボカドを手に取るようになった。今日はベビーホタテと炒めたよ。

そのままでダメなら、なんか違う方法を試してみたらいいんやんな〜。

2017年2月 3日 (金)

太鼓

お隣のガッコウに、和太鼓を借りに行きました。
長胴1基と締太鼓1基。締太鼓は、浅野のボルト締めのええやつでした。
すてきすてき♪
うちにある櫓1基と、わたしの桶を合わせて、子どもたちとたたきまくる予定。

2017年2月 1日 (水)

ローマ字で

 ガッコウという最もIT環境から遠い場所で、ウィンドウズパソコン相手にキーボード入力をやってみた子どもたち。家庭でのネット環境が極端に現れる。
 キーボードの特殊なキーの並び方は、初心者が使うにはかなり難易度が高い。何で順番に並んでないんや、って、素直な感想やと思う。スマホやタブレットのタッチの方が、わかりやすいに決まってる。
 いや、Siriさんならもっと簡単。話しかけるだけや。知りたいことを調べるなら、これで十分なんちゃうやろか。
  ローマ字表片手に自分の名前や文章を入力してみた子どもたちは、

「案外、おもしろかったな。」
なんて上から目線の感想。たぶん初めて、ローマ字表記は「ツカエル」って実感だったかもしれない。
 (けれどもそれを教えるワタクシは日本語入力派なのでした~♪)

 

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »