twetter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 本番続きの秋 | トップページ | 自由なバッハ »

2016年10月30日 (日)

近江の国のあるところ

 指揮者がいない合唱団は、シチュエーションに左右されやすいという弱点がある。場所の響きや、空気感や、会場で鳴っている雑音(音程があることが・・・)に合唱団全体が引っ張られ、違和感で演奏が崩れることが多かった。
 今までは、それを、「聴いて合わせる」という方向で解決しようとしていた。でも、それは違うってことが分かったよ。

 今年、京都アルティで歌ったときは、できてなかった。
 宝塚コンクールで、トレーナーの先生のアドバイスで歌い切れたとき、わたしたちの中で何かが変わったと思う。
 誰がなんであろうと、どこであろうと、歌う。それだけだって。
 妙なもんで、ふっきれたら、本番があんまり怖くなくなった気がする。どんな場所でも、どんなシチュエーションでも、歌うだけ。度胸が据わった、と言うか。

 で、長栄座公演に向けて、練習に励んでおります。だいじょうぶ、どんなとこでも歌えますよ。デッドなところでも鳴らしますとも。滋賀県を冠した合唱団の名にかけて。

そう、大きな声で言います。
わたしたちは
「あぶみ」
ではなく
「あふみ」
ですからねっ!!!
 
 

« 本番続きの秋 | トップページ | 自由なバッハ »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近江の国のあるところ:

« 本番続きの秋 | トップページ | 自由なバッハ »