twetter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月

2016年7月28日 (木)

相模原の事件

 なぜ生きているかということについて
 決めるのは他人ではない
 いったい何さまのつもりで、凶刃を向けたのだろう
 何の抵抗もできない人に向かって

 上から目線の謝罪を
 誰も本気だと受け取らないだろう


 今日は、有給をとっております。
 歌の練習をしたら、やっぱりシュガー様に脚をかじられました。毛布にもぐって、ずーっとうなっておられました。


2016年7月25日 (月)

32回宝塚国際室内合唱コンクール

 昨年は十分に歌うことができず、悔しさしか残らなかった宝塚コンクール。宿舎での打ち上げ会でリベンジを誓い、またやってきました。
 選曲も昨年を踏襲したモンテヴェルディ。1、3、6曲め。ヴォイストレーナーのやもり先生も一緒に宝塚入りしてくださり、前日夜も練習。女声メンバーはほぼ全員宿泊して、翌日の本選(出演順2番)に備えました。
 緊張をほぐし、普段やったことをちゃんと発揮できるところまで整えて、「去年のあふみとは違うで。」と、みんな、それはそれはいい顔でステージに出ていきました。

 いまのあふみにできることは全部やった、と思います。

 もちろん壁は厚かったし、できてないことも多かった。だけれども、ラトビアの演奏を聴いたら、すばらしくて、泣くしかなくて、もう言葉が出なかった。軟口蓋だとか、丹田だとか、ぜーんぶ吹っ飛んで。

 また今日からがんばろう、と思ったワタクシです。

 掃除機かけながら発声したら、シュガーさんに脚をかじられましたけどね。

2016年7月20日 (水)

Googleカレンダー

 またまた、がんばりました、ワタシ!三日間、落ち着いた口調でお話できましたぞ。まるでベテランみたいに。久しぶりに和ばぁの着物ワンピースを着て行ったので、子どもたちはすごく不思議そうに見てた。「服、変えてきたん?」やって。

 この頃予定の管理にGoogleカレンダーを使っております。
 ウィンドウズ10にしてサポート問題が解決したので、またパソコンを開いていることと、タブレットでも見られることやあふみのカレンダーが共有できるのがとても便利。紙の手帳はメモ代わりに。ファイル添付もできるらしいけれど、職場のセキュリティの関係でこちらは全く役にたちませぬが。
 で、この先ひと月の予定を入力しております。


 うーーーーーむ、相変わらず忙しいな。

 ま、半分は音楽関係ですが。

2016年7月18日 (月)

隣の和音をさがして

 三連休の最後は、きねづか。今日は、ドラム+ギター2人+キーボードだったので、フォーク中心に練習。
 どの曲にしても、「隣の和音」を探して弾いている気がする。特に、下る和音はおしゃれだから好きだなあ、ちょっとバッハに似ているし。
 今日は「ポルカドット」の冗談アレンジのイメージもできた。
 あしたまた、がんばろう。

2016年7月17日 (日)

整える

アルティ:ムトン 心象スケッチ

整えるのは、難しい。
体の状態に加えて、心の状態も整えることなど、もともと無理な話。
自分だけでも精一杯なのに、まして、他人を整えることなど。

職場に行けば、「なんか、ざわついてるな…」という日がある。
それは、ワタシの状態なのか、気温や気圧など他の条件のせいなのかは分からない。「集団でひとつの場所にいる」ということは、誰かの状態が誰かにうつっていくもの。ちょうど、風邪がうつっていくように。

けれどもそれを整えていくのは、ワタシの仕事だ。
教室の気を整えていくのに、三ヶ月近くかかった。それも、「肉離れ」という緊急事態に子どもたちが収束してくれたおかげで。
ほんの、ちょっとしたことなんだ。
教室をきれいに掃くとか、窓を開けて風を通すとか、無理やり指示を出さないで流れにのってみる、とか。どうしてもだめなら、「また明日」とあきらめて寝ちまう、とか。
相手が、こちらを見ていてくれる子どもたちなら、これでたいてい大丈夫なんだけど。

「気の流れ」って、信じる人はいるかしらん?
それは「音楽の流れ」と似てる、と思う。
だけど、普通の状態ではなくなったときに、一体どうやったら整えることができるんやろね。

2016年7月11日 (月)

気分は上々

 よろこべ、ワタシ!
 大仕事ひとつ、やっつけました!
 気分は上々、これも美容室のマコおばちゃんのおかげです。おばちゃんの教えてくれたとおり、「イヤナシゴト」は今日、予定通りさっさとやっつけました(^_^)v

 さあて、来週はアルティ、再来週はタカラヅカ。その先に第6回演奏会。本番続きの暑い夏です。 

 息の出し入れがはっきりしてきて、音楽の流れが見えてきた。ひとりひとりができることをやってきた、と思う。最後まで努力する。昨年のようにやらなくて後悔するより、思い切り歌うほうがいい。

 タカラヅカが終わったら、太極拳に復帰しよう。
 明日は早く帰ってキャロットラペを作ろう。
 気分が良いから、何でもできそうな気がする。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »