twetter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月12日 (火)

嵐の中の演奏会

 何でこんな意地悪いことになるのかしら…。台風は願いもむなしく直撃コース。しかも、速度は上がらず暴風雨のさなかの演奏会になってしまいました。電車は止まり、水はあふれそうになり、本当に来ていただく人に申し訳ないと思いました。
 けれども、2年をかけて準備してきた演奏会をあきらめることはできませんでした。それは、わたしたちのわがまままでもありました。
 朝から、ヴォイストレーナーの矢守先生が天井の高い響きになるよう発声を整えてくださいました。フォーレのステージの最終調整は、ぎりぎりのところで、アンサンブルトレーナーの石原先生と、サポートの村上さん、オルガニストの城さんがしていてくださったのです。わたしたちだけでなく、先生たちもたたかっていてくださったと思います。
 たった一人でもお客さんが来てくださったら、その方のために心をこめて歌おうね、と出たステージの上で、100人以上の方を見たときのわたしたちの驚き。緊急速報の音が鳴り響く中で、最後までおつきあいくださったみなさんに、心からお礼を申し上げます。

 また、これからも歌い続けます。

2014年8月 9日 (土)

ミニ旅行

 中学時代からの親友と、ミニ旅行に行ってきました。
 目的地は、こちら!
P1020054_2


 高島市にある「はん桂堂」(はん、は欅という字の木偏がない字)
 筆遊びの会で勧められた所です。予約すれば工房を見せてもらえるということだったので、電話を入れておきました。

 これは、やぎさんのあごひげです。子どもたちが学校でよく使う筆に使います。

P1020055_2

 「紙巻き筆」という特殊な作り方の筆を作っておられました。特殊と言っても、正倉院の宝物に収められている筆の作り方だそうです。芯にする毛に和紙を巻きさらに毛を巻き…という具合に、手間のかかる作り方です。



P1020059_2


P1020064

 太い筆には、このように根本に金網を編んで巻き付け、更に軸を籐のひごできつく縛っていきます。この六角形にきちんと編むのも、技術がいるそうです。

 帰りにお店で甥っ子の筆を買いました。
 県内の小学生たちに言いたい。君たちが使っている筆は、ここで一本ずつ手作りされているんですよ~。大事に使ってくださいね!

 道の駅でお昼を食べ、高島扇骨の展示を見ていたら、中江藤樹記念館での時間が少なくなっちゃいました。帰りには、実家に頼まれていたたまごやさんで産みたて卵を買って帰ってきました。

 次は墨屋さんかな~。

2014年8月 7日 (木)

華麗なる転身

 ある夜、前の同僚から電話がかかってきた。
 その人は、今年、2年を残して退職したのだって。ほとほと仕事に疲れ果て、癒しを求めてエステを紹介され、何とそのままエステシャンになったのだそうだ。
 そのお誘いの電話だった。
 エステなんて無縁だと思っていたけれども、彼女に誘われるまま、予約して体験することになった…!人生初エステ!!
 ちょっと隠れ家っぽいサロンのドアを開けると、彼女が仕事着姿で登場。まず、そこでびっくり。いつも疲れていた表情とは全然違う、別人のように美しい人が立っていたから。8つも年上とは思えないくらい。しかも、生き生きと仕事をしていた。
 ゆっくりカウンセリングを受けて、施術してもらって、時間を忘れるくらいゆったり過ごしたよ。
 その上、鏡を見てびっくりした。えーっと叫んじゃうくらい。化粧しても、「こんだけ!?」っていうくらいちょっとの量で、すーと伸びていくし、顎が尖って見えるし。
 

 もちろん、次回の予約もしました!
 ゆったりした自分だけの時間と、美容効果と、何より華麗なる転身を遂げて生き生きしている彼女に会いに行くため。


 人生って、どこにどんなご縁があるかわわからないのね。わたしは、仕事を辞めたら何しよう?

 
 

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »