twetter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

雑草とカナちゃん

 暑いです。暑くてうれしいのは、梅干しくらいです。


 庭では野草を栽培しております。このところの暑さのおかげで、肥料ナシでもすばらしい成長です。

 そこに、「カナちゃん」も飼っています。

 「カナちゃん」は、複数います。東部エリア、西部エリア、そして北部エリアです。東部エリアと西部エリアでは、縄張り争いが起きているようです。北部エリアのカナちゃんは、長いしっぽを一度切り落とした跡があり、胴体が立派に太っています。

 野草もこのように立派に成長すると邪魔なので、除草剤を撒こうかとも思うのですが、カナちゃんのつぶらな瞳を見ると、撒けないでいるわたしです。


 暑いしな~    <それが主原因





 




 

2012年7月26日 (木)

初音ミク

 「初音ミク」が、どうやら人気あるらしいということを、わたしはNHKの「深読み」で知った。
 ヤマハのヴォーカル音声合成ソフト「ボーカロイド」をもとに、バーチャルに創りあげられたアイドル歌手。

 先日、アメフト次郎がCDを買ってる姿を、わたしは実は横目で見ていた。いわゆる「オタク」な方々の世界なんだろう、と。(アメフト次郎、「オタク」なところがあるもので。)

 で、その次郎が
「母ちゃん、これ聴いてみ。」

と聴かせてくれたのが、「君をのせて」。ラピュタのあの曲。












 ごめんなさい、バカにしてました、初音ミク。


 アカペラ。よくできてます。かっこいいです。

 

 うた歌いはすぐに楽譜を探したがる。ピアノ弾き語りから各種楽器の譜面、バンド譜等、ぴっくりするくらい出てきたが、合唱譜はまだ探せてません………

2012年7月23日 (月)

カエルの子はカエル

 夏休みに入り、アメフト次郎は補習に通い始めました。

 彼の高校では、「補習」は進んで受けるもので、「補充」は強制されるものなんですと。いずれにしても、キッパリ引退した後は、受験生やっております。
 



 今日は面談があり、志望校のことやら学習のことやら生活のことやら、あれこれいろいろセンセからお話がありました

  ま、………世の中、アマガエルかトノサマガエルか、ウシガエルかモリアオガエルかヤドクガエルか何かはわからないけれど、「カエルの子はカエル」こそが真実であって、「鳶が鷹を生む」という事例は皆無であります。



 
 
 


 

2012年7月22日 (日)

尻に敷いてます

尻に敷いてます。




Sit

こっちは座椅子




Sit2


2012年7月 8日 (日)

全曲通し

 演奏会を目前にして、フルメンバーで、全曲通し。

 

 みんなそろうと、何とかなるもんやな。ただし、本番にのせてない曲は、やはり歌い込み方が足りないけど。録音を聴くと、Aの音の辺り、わたくしもうちょっと高く歌わんとあかんな……

 それから、全曲通せる体力をつけなくちゃ。
 そんなわけで、気持ちよい梅雨の晴れ間、ねこたちと一緒にお昼寝タイム



 ちょっとだけベンキョウしたのは、この間、彦根第九オーケストラのサマーコンサートを聴きに行ったから。
 きちっとした本番を聴かせてもらうと、そしてその中で、キネヅカの仲間が素晴らしいソロを聴かせてくれるものだから、何だか迷いが吹っ飛んだ気がする。
 わたしは、わたしの場所でできることをやろう…そんなことを考えたから。
 



 さっさと仕事をしちまって、演奏会に集中しよう。全曲通してみて、ちょっと元気が出てきたわ。

2012年7月 7日 (土)

何が本当?

 昨日はすごい雨。洗濯物が乾きません。おまけに、太郎が洗濯物とともに帰宅。お風呂の乾燥に入れたらいいとは言うものの、「節電」という言葉がこれだけ巷にあふれると、ちょっと遠慮してしまう。お日さまが恋しいな~。
 

 いろいろな節電技が紹介されている。一番やり玉に挙がっているのは、エアコン。設定温度を28℃にすると、かなりの節電になるという。
 でも、「エアコンよりテレビ」という情報もある。こちらはマスコミ業界が絶対に言わない節電方法だとか。
 どれが本当の情報なのか?もっともだと思わせるもの、怪しいもの、政府の言うこと、電力会社の言うこと、何とか研究機関のいうこと、エコという名のつく商品、みんなばらばらで、わたしにはわからない。
 でも、絶対に間違いないことがある。使わない電気は消す、ということ。
 教室で、子どもたちが言う。
「節電しよう。明るいから、南側の電気は消そうよ。」
 政府も、電力会社も、この子どもたちの純粋な声を聞きなさい。

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »