twetter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月29日 (日)

贅沢な練習

 昨日は、セミナリヨでの練習。

 贅沢でしょ何せオルガンとチェロと合わせたんです。

 ブラームスのオルガンの前奏が始まったとき、CDの中にしかなかった音が現実に鳴り出して、しかも、自分の背中で優しいオルガンの音が鳴っていたので、歌い出せないかと思ったくらいだった。

 城さんの話では、「オルガンだけで練習しててもおもしろくなかった」らしい。合唱だけで練習してても「??」な感じだった。それを合わせると、複雑に絡んだ音が美しい祈りになっていく気がして、思い出すと今でも胸が詰まる。

 ブラームスはどんな気持ちでこの美しい曲を書いたんだろう。間違いなく、私の中では、世の中で最も美しい曲。

 一方バッハは、オルガン・チェロと合わせて一気に音楽がゴージャスに。子どものころにラジオから流れてきた早朝のバロック音楽が、ゆらゆらと記憶の底から浮き上がってきた。それを、今、自分が歌っているんや!

 バルコニーからは誰もいない客席が見下ろせる。マイクのラインが空調の風で揺れてる。終止の音型がきちんと残響で返ってくる。セミナリヨは素晴らしいホール。でも、ホールに負けない音楽を歌いたいと思う。


 練習後、城さん、澤さんと一緒に串カツ屋へ

 音楽というのは、うまいもんです。つまみになりますからね。

 

2012年1月28日 (土)

ジャズと和風とインフルエンザとのはらうた

 あれー??記事がなかった~そうか、昨日途中で終わってたんや…

 気を取り直して、中身を注入しましょう。こっちの記事は、子どもたちの話です。

 4年生と言えば、やっぱり「茶色の小びん」。もちろん、ジャズバージョンでやります。

 と、言っても簡単。リズム楽器のシンバルを「タン、タン、タン、タータ」(わかります、これで?4拍めるをスイングする)だけ。あとは、勝手に子どもたちがのって、メロディーまでスイングしてくれます

 金曜には「ソーラン節」と「南部牛追い歌」を聴きました。「しぶい」「長い音」「竹林のイメージ」(ちくりん、というのは漢字ドリルで覚えた言葉、ちゃんと使ってますね~)それから、よーく聞き比べて、音を揺らす歌い方「こぶし」にたどり着きました。

 その後は手拍子入れて、「ハァ~どっこいしょ~どっこいしょ~」の唱和。まるで大宴会のようです。

 ジャズも和風も、のりのいい子らといると楽しいな~っ

 でも、実は、火曜日から木曜日まで学級閉鎖になってました。インフルエンザのせいです。その間に、わたしは、かれらの作った「のはらうた」を小さな詩集にまとめました。

 

2012年1月15日 (日)

筋繊維を引きはがす

 KINE-ZUKAの新年会。

 9月に本番があるので何の曲しようか、などというまじめな話はあまりしてません。何や分からんけど、笑ってばっかりいました。

 不思議な集まりや。我ら白拍子、傾き者(かぶきもの)の自尊心ありまくりなんやから。




 あふみの練習は、マレンツィオとブラームスとバッハ。録音聴いたら、声の押さえが効かなくて、あっちの方向にいってた。重みというか、あちゃこちゃしない声がいると思う。

 それで、この頃気をつけていることは、「筋繊維を引きはがす」ということ。

 整体に行って筋肉の張りを取ってもらうと調子がいいのは、固まった筋肉をほぐして血の巡りをよくするということ。猫背ぎみだったわたしだが、姿勢修正の体操をすると脇から手の指まで暖かくなる。

 太極拳の呼吸で余分な緊張を解いていくと、背が伸びて目の玉の奥まで凝ってるのが分かる。

 ならば気をつけて筋肉がかたまらんようにすればええってことやんな。

 しかし、なまった体は言うことをなかなかきかぬ。伸ばしたり曲げたりすれば、あっちこっちがぎしぎし音を立てる。回せば滞る。

 癒着した筋繊維を引きはがせ~!!

 

 

 

2012年1月 9日 (月)

バッハの壁

 I先生の特別レッスンの日。バッハを診ていただく。場所は、2月5日に演奏する「かたりべホール」

 歌い手=聞き手の場合、客観的に自分たちの音楽を聴くことには限界がある。(だから指揮者を置くという意味ではない)

 その上、バッハというのはほんまに偉大な作曲家だ。音楽のレベルが全然違う。技術的に難しく、どう整理したらよいのか途方に暮れる。ちょうど、あふみの活動を始めた頃ジャヌカンの「鳥の歌」にはまるで歯が立たなかったように。自分の音楽のレベルが、曲のそれに追いついてないことを、思い知らされる。

 

 インテンポ、ドイツ語、メリスマの終着点。できてないところのごちゃごちゃする原因や対処の仕方…練習の間に、少しずつバッハの音楽の姿が高くて厚い壁の向こうに現れてきたような気がする。

 

2012年1月 7日 (土)

初練習

 初練習は久しぶりの六角館。漢方薬と整体と2週間の大声を出さない生活で、喉の状態はよくなってました。

 

 マレンツィオ2曲、ブラームス、バッハの4曲を集中的に。(今日は何だか目の調子がよくなくて、ずっとメガネかけてました。)

 

 今日のポイントは、「軟口蓋をあげたまま」。メリスマのついている音を、歌詞として歌うためには、絶対必要。明るい響きにするために、奥へ、上へ広げるイメージを持って歌ってみた。

 

 メガネかけんでもいいように、早う歌詞を覚えよっと。

 

 もうひとつの初練習は、太極拳。目標達成のために自分で決めた期限まで、あと3年しかなかった…!でも、息切れせんように、やっていきます。

 

お弁当

 仕事始めの日に、お弁当を持って行った。

 食べる頃にはご飯が冷たくなってしまって、パサッとしていた。午後からも、体は温まらなかった。携帯カイロを三つもつけてたけど。

 二日目も、お弁当を持って行った。

 私物の電子レンジを持ってきている先生がいて、使わせてもらった。お弁当はぬくぬくになった。午後からもがんばれた。

 食べ物が温かいと、元気出るものやね。

 そう言えば、前の職場では、休み中にはお昼になるとおなごみんなが声かけ合って、大きな作業台の上をきれいにふき、椅子を並べて食べてたな。おかずやスイーツのこと、家のこと、おもしろかったことなどなど、笑いながらたっぷり1時間ほど。誰かの悪口は絶対言わない。作業台は職員室の後側にでんとあったし。

 あの時間、ほんまに大事やったな。いざというときには、そんなちょっとした時間の積み上げが、ものを言うのかもしれない。

 

2012年1月 4日 (水)

トッコ成功

 アメフト次郎は朝から部活に行きました。今日は冬休みの課題チェックがあるとかで、昨夜アメフト太郎にしごかれながらやってました。冬休みの課題、半端じゃない量です。ちょっとコンサートの手伝いをしたり、部屋の大そうじをしたり、二、三日帰省したり、疲れてこっくり眠っちまったくらいなら大変なことに…!

 ニューイヤーボウルに行かないといけないので、そりゃもう必死でやっております

 さて、ワタクシの方は、明日の会議の準備も途中のまま、年賀状と洗濯に追われました。その勢いで、「トッコ」を作りましてございます。『バルサの食卓』に出てくる芋まんじゅう。

 サツマイモを蒸してつぶす→蜂蜜と片栗粉と塩を入れて混ぜる→バターで焼く。

 簡単!サツマイモを蒸してつぶす、までは完璧。

 おやおや蜂蜜が残り少ない。アメフト次郎がパンケーキに大量に使ってたわ。フロストシュガーを練って入れよう。

 片栗粉…ちょっと足りん気がする………ええい、この際小麦粉……って、切らしてるし。仕方ないからお麩をガツガツと叩いて粉々にして混ぜる。

 バターは大丈夫。こないだ買ったところ。形が崩れないよう、スプーンで丸く整えながら焼き上げました。

Tokko

 ふわ~甘~ あっという間になくなりました。

 

2012年1月 3日 (火)

あけましておめでとうございます

 あけましておめでとうございます。

 年賀状より早く、ブログでごあいさつ致します。(ライスボウル、関学がんばったもん~応援しちゃいました)

 大晦日の新幹線で帰省し、2日の夜に帰宅しました。猫たちは、お留守番してもらいました。帰ってきたらセサミがのそのそ出てきたけれど、ちょっとびくびく。シュガーは平気そうな様子だったけれど、夜中に布団に潜り込んできて朝までゴロゴロ喉を鳴らしてました。

 ごめんね~さびしかったね。


 さて。

 冬休み中に体重増をめざしていたアメフト太郎とアメフト次郎。二人して食べるわ食べるわ、山盛りのおかずを3杯キホンの大盛りご飯で平らげ、腹が出ただの、気持ち悪いなどと言っています。

 つきあっちゃいかんいかん。

 わかっているのに…。

 昨年は、時間的な制約と体の力の衰えを感じるできごとが多くて、いろんなことが思ったようにいきませんでした。

 今年の目標ですか。いろいろ思うことがありますが、内緒にします。不言実行~ってことにしておきましょ。

 ともあれ、今年もあふみ日記をよろしくお願いします。

 

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »