twetter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月27日 (火)

ロッソ失敗作

 この夏に「守り人」シリーズを読破して、そのレシピ本を買った話は既に書きました。

 「タンダの山菜鍋」はその後も何度か我が家の食卓に登場し、コチュジャンは欠かせぬアイテムになりつつありまする。

 本日は、「ロッソ」(里芋コロッケ)に挑戦。ちょうどダンナの実家から送ってもらった里芋が一袋あったので、準備に取りかかりました。

 むー何かべとべとする~中に具を詰めようとしても、掌にくっついている方が多い気がする………丸い形にならないので、仕方なく平べったくして、フライする。


 むー!焦げた!


 もうちょっと塩味があってもいいな…

 不細工に仕上がってしまって、本のロッソとは似ても似つかない代物になってしまいました。「おいしい」と食べてくれたのは、アメフト次郎。ダンナは「腹一杯」と言って食べませんでした。

 

 次はトッコ(芋まんじゅう)やってみよっかな。

雪の中の打ち上げ会

 昨日は朝から大雪警報。午後にはましになって、同僚3人とEさんの5人で打ち上げ会に行った。

 何の打ち上げ会か、とな?

 「ジンケンシュウカン」のときに講師として来てくれたEさんと飲む会。

 Eさんは、車いすでどこへでも出かけていく。シゴトもきちっとやる。人好き話好き。彼と話していると元気になる。

 Eさんは子どもたちの前で正直な自分を語る。「障がい者は手助けされるべき存在」という概念を見事に打ち砕いてくれる。Eさんと話せばわかる。現に昨日も、みんな一緒にげらげら笑って飲んだよ。

 よい仲間は、ええな。わたしも、そうありたい。

2011年12月25日 (日)

クリスマスコンサートin曳山博物館

 まずは本当にたくさんお越しいただいて心よりお礼申し上げますと共に、立ち見直座りで長時間お聴きいただくことになってしまった皆様にお詫び申し上げます。

 前半は、今までやってきたものに3.11という視点を与えた曲を選びました。後半はおなじみのクリスマスソング。チェロの穏やかな音色とアロマに満たされたコンサートになったと思います。外は小雪が舞って寒かったけれど、久しぶりにお会いした人や休団中のメンバーたちの顔も見えて、ほっとします。

 年末の、年賀状みたいなものかも

 



 二週間前に風邪から声を嗄らしてしまったソプラノです。

 薬剤師さんに

「とにかく、この声がれにすぐに効く薬をください!」

と相談し、ピンポイントで効くという漢方薬を飲み(副作用でお腹コワした)、職場では二重マスクで喉を保湿。それでも追いつかないシゴトの数々。こんなときは、ほんまに歌との両立というのが難しいと感じてしまいます。

 それでもやっぱり、歌だけはやめんと続けてきました。このコンサートでの出会い再会が、「まだやめたらあかん」と背中を押してくれているような気がします。できるだけ長く、がんばっていきたいと思います。

 



 

2011年12月11日 (日)

天究館

 5月に星空観望会の出前をお願いしたのがきっかけで、久しぶりに天究館コンサートという運びになった。

 そう言えば前回は、ものすごい雪だった気がする。

 ずいぶんリラックスモードの猿さんたちがお出迎え。日だまりで毛繕い中。

Nihonzaru

 何と昨夜は皆既月食。

Gesshoku我が家の庭で撮影。

 

 塾に行っていたアメフト次郎を迎えに行き、お好み焼き屋に入ったら、教え子たちが声をかけてくれた。すてきなお姉さんになってました。

 はい、天究館コンサートという題名ですか?

 …リベンジを誓っているワタクシです。


 

2011年12月 5日 (月)

あさひのおっちゃん

 帰宅したら、アメフト次郎が

「夕方、あさひのおっちやんが来ゃぁたで。来たって言うといて、やって。」

と言ふ。

「あさひのおっちゃん?なんやろう?」

 あさひのおっちゃん、というのは、ワタクシの母方の叔父さん。そんなに頻繁に連絡を取り合っているわけでもないので、我が家に寄るということは、よほど何かあったのかもしれない、と心配になる。

 すぐに電話をかけた。電話口の叔母に

「今日、おっちゃんがうちに寄ってくれやぁたみたいなんやけど。」

「え???今日?うちの人がか?どっこも行ってやぁらへんで。」

「ええ?あれ~?」

「うちの人は、あんたとこの家は知らぁれんと思うしなぁ。」

 妙な電話に恐縮するワタクシ、まあ久しぶりに声聴けてよかったわ、と叔母の慰め。首をひねりながら実家にも電話する。

 かくかくしかじか…と説明すると、父も母も「おかしなこと言うとる」と爆笑している。アメフト次郎は、「確かに、あさひのおっちゃんて言わった!」と主張。でも、人相を尋ねてみると、あさひのおっちゃんには似ても似つかない。

 セールスか?それにしては、あさひのおっちゃん、と名乗るのは親しげすぎる。

 家を間違えてる?ならば、あさひのおっちゃん、とはあまりにも偶然の一致…。


 今宵の我が家には?マークが飛び交っております。


 さて一体、だれ?

 

 

2011年12月 3日 (土)

やっぱ太極拳は

 ひっ…さしぶりに太極拳に。

 24式を通す。指先までほかほかになって、がちがちのカラダがすこし弛む。

 右の股関節、ちょっと痛い。もしかすると、夏に、別の教室に見学に行ったときぎくっときた後遺症かもしれない…なんて考えながら、ゆっくり伸ばす。

 これでええ気がする。

 ちょっとだけ…別の教室ものぞいて、そのときは「ほ~こんな世界もあるんや~」と惹かれるものもあったけれど、なんだかテンションが違う気がして。

 だれとも比べられず純粋に自分と向き合える場所は、わたしにはやっぱりここやと思うんよ。

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »