twetter

  • twitter
無料ブログはココログ

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月29日 (日)

風邪引いたかも…

 水、木の宿泊訓練は、彦根市の「荒神山自然の家」で。ウォークラリー、ナイトハイク&星空観望会、リバーボートというチョ~外の活動プログラム。天候を心配していましたが、ばっちり。荒神山の山中にも、宇曽川の川中にも、子どもたちの歓声が響いてました。

 星空観望会では、あふみのご縁で、ダイニックアストロパーク天究館の館長さんはじめ、友の会、星の会の方が天体望遠鏡と双眼鏡7機を持ってきてくださいました!薄い雲がかかっていましたが、かわいい土星の輪がくっきり見えて、子どもたちは大興奮!

 もっと見たい子は、アストロパークに行ってみてね。(と宣伝する)

 ご縁は天究館だけじゃなく、「荒神山自然の家」には和太鼓の兄ぃも。おかげで安心して活動できました。

 それにしても百人をこえる子どもたちとの二日間。引率組はへろへろです。わたしやっぱり風邪引きました…

↓ヤマボウシの白い花が木の上で絨毯のように咲いていました。Koujinyama

2011年5月22日 (日)

ヒミツの特訓

 ごぶさたです。

 ちょっとシゴト詰まってました。のども痛かったし。人生、イロイロあるもんですわ。

 今日は、ヒミツの特訓でした。(と言っている時点でヒミツじゃないです。)

 I先生は今育休中のかろよんのお知り合い。音の響かせ方やフレーズの作り方など、丁寧に教えてくださいました。「指揮者のいないアンサンブル」ってのにどっぷり浸ってしまっていた感覚を、かなり揺り起こされた気がします。

 「どう歌いたいか」というこだわり、以前はもっと、持ってましたね…。

 フレーズをどう作りたいか、どんな歌い方をしたいか、歌詞の意味は…って、議論してたのを思い出しました。もっとお互いの声を一つにしようとしてました。

 忘れてました、大事なこと。

 聴き合うこと。

 かなりジブンノセカイになってたと思う。

 勝負しにいくからには、それなりの準備をしていこうと

 できる限りのことをやって臨もうと

 そんなことを考えている練習終了後のワタクシです。

 I先生、ありがとうございます。今後もどうぞよろしくお願いいたします。

 まずは、来週の宿泊訓練引率、声を温存します。ぅら~

  

2011年5月 4日 (水)

増えたり減ったり

 みなさんお休みはいかがお過ごしですか。暦通りの連休のワタクシ。前半の3連休は、ひょうたんボウルとあふみの練習と三位決定戦で終わりました。最終日にもフラッグフットボール(復帰)と二位決定戦があるので、アメフトがかなりのウェートを占めてますわ。

 ところで、この間から、増えたり減ったりしてるんです、次男の服。

 正確に言えば、アメフト関係の。

 まずは、YokelTigerのスウェットの上。長いこと洗濯に出してないので、

「いいかげん出しなさい~!」

 すると、

「部室にあると思うんやけど…」

 すぐに持って帰ってきなさい!ちゃんと洗え!きたない!…さんざん言っておいたがいっこうに持って帰ってこない。見つからないらしい

 数日経って、

「先輩が着てや~た!『名前書いてないからもらってまぉ~と思ってた』やって。」

 なんで自分のやとわかったかと言うと、ヘルメットにYokelTiger色を吹き付けたときについたシミが手がかりだったらしい。

「名前書け!マジックで、腹のところに!」

とダンナが言ったけれど、さすがに腹のところはまずいので、タグに書くことに。

 続いては、ソックス。YokelTiger色のソックスを干していたら、なぜか5本ある。更に、白の練習用メッシュが二枚もある!?これも、ソックスのゴム部分の伸び具合とメッシュについた緑の汚れ具合で、

「これは違うっぽいぞ!返してこ~い!!」

 というわけで、息子は今日、メッシュとソックス一本を持って行きました。腹に名前書くぞ、白メッシュに黒マジックで!

 どないなってんや、部室!

 おそらく、あっせくさ~いショルダーやらメットやらスパイクやら、メッシュやらが、混沌としているんだろな~。

 のぞきたいような…のぞきたくないよな…

 こわいもの見たさ?

 

2011年5月 1日 (日)

3位決定戦

 「音楽日記」とは名ばかり、アメフトの話題が多くてすみません。このところ、シーズンなもので。

 今日は、三位決定戦。朝からあやしい雲行き。今日勝って、決勝の結果次第では二位決定戦になるというので、またみんなで応援に行く。

 いや間違いました。二位決定戦には関係なく、応援に行きました。

 「スポ少」(スポーツ少年団:いわゆる野球や、サッカーみたいなん)をやってこなかった我が家の二人の息子。高校でアメフトに入った次男に続き、長男も大学のアメフト部に入り、親も真剣に応援する日々が来るとは思ってもいなかった。

 いや間違いました。フラッグフットボールの試合では、神戸まで応援に行ってました。

 試合はタッチダウン9本というすさまじさ。しかも、二位決定戦に出ることになって、応援部隊の方も大盛り上がり。

 かくして、アメフト三昧の日々は続く…。休み中にちょっとシゴトしとこと思ってたのに、どうすねん。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »